スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第16話 「天国&三途の川までGOー!」

*二度目の恋 君に逢いたくて…第16話


ゴルゴの目の前で熱いラブシーンを演じてしまった亮とこのみ。
20110511113226.jpg
こんな風にゴルゴを傷つけるつもりなど全然なかった。



だけど、結果的にそうなってしまった。
自分達の事ばかり考えて周りが見えていなかったのだ。
20110511113303.jpg
悲しいかな…人は時として、一番最悪の事をしてしまう時がある。
そして今はただ…何を言ってもいい訳にしかならない…。



「ゴルゴ…」
20110511113402.jpg
20110511113401.jpg
「…俺…帰る…」



「帰るって…」
20110511113509.jpg
「先に帰るわ。悪いけど店の勘定はそっち持ちな。それぐらい、いいだろ?」
「あ、ああ…それはもちろん…」



「ゴルゴ…すまん…」
「別に…。ま、よかったな!お前にも真剣になれる女が現れて」
20110511113611.jpg
「お前にはこのみちゃんのような子が合ってるよ。大人しくて可愛い彼女がさ…。
大事にしろよ。じゃ俺は行くわ」



「ゴルゴ!」
「亮…俺の事は気にすんなって…。俺は大丈夫だから…。マジ…行くわ…」
20110511114023.jpg
「ゴル…」



「じゃな!」
20110511114048.jpg
「おい!待てよ!」



(ちくしょう!ちくしょう!ちくしょう!)
20110511114109.jpg
(なんだよ、あれ!)



本当はあの場でギャーギャーわめきたかった。
けれど、そんな事をしたらもっと惨めになるだけだ。そんな事は絶対にしたくない。
20110511114129.jpg
特にあの二人の前でそんな惨めな事は……絶対にごめんだ!



「私が行く」
「ローリー…」
20110511114235.jpg
「今は亮さんが行ってもゴルゴには酷なだけだよ…。だから私が行く」
「そうだな…。悪いけど頼む」



「OK。二人はゴルゴの言った通り、お勘定を払って来てよ。あいつなら大丈夫だからさ」
「分かった…」
20110511114322.jpg
「しょうがないよ…。誰も傷つかないって訳にはいかないし…」



「だけどあいつ……かっこよかったね…。ギャーギャーわめくかと思ったのに…かっこよかった…」
20110511114356.jpg
「いい男じゃん…」



「じゃね!後はよろしく!」
20110511114525.jpg
ダッ!



「亮さん…」
「あいつなら大丈夫だ。それより、今は俺達の事を考えよう」
20110511114614.jpg
「でも…」



「このみちゃん。改めて…俺と付き合ってくれる?」
「亮さん…」
20110511114728.jpg
「返事は?」
「あの…」



「ゴルゴの事を考えて断るとかはやめてくれよな…。
俺は…どんな事があっても君が欲しい。もう後悔するのは嫌なんだ」
20110511114553.jpg
「リンダの時のように……もう二度と、惚れた女を手放したくはない。
だから…断るなんて言わないでくれ…」



(断る?ううん、そんな事しない…。もう素直になろう。だって私は……亮さんが好き…)
20110511114552.jpg
(もう意地を張るのはやめにしたい…)



「はい…。お付き合いします。亮さんとお付き合いします…」
「よかった…。断られるかと思ってビビった…」
20110511114807.jpg
「じゃ今から君は俺の恋人だ。もう兄弟ごっこはお終いだよ。分かった?」
「分かってます…」



「疲れただろ?帰ろうか。ちょっと待ってて。金、払って来るから」
「はい…」
20110511115440.jpg
なんだかあっと言う間の出来事だった。ゴルゴを傷つけた事は心が痛いけれど、
正直、今はそんな余裕はない。



だって私はたった今からこの人の恋人になった。スーパースターの恋人…。
20110511115607.jpg
(私は本当に彼の恋人なの?まだ信じられない。あなたはさっき、
私に恋してるって言いましたよね。だけど私の方がその何倍もあなたに恋してる)



(あのサンセットバレーであなたにキスをされたあの時から、本当はずっと忘れられなかった…)
20110511120119.jpg
(今はもう、あなたが眩しいです…)



― 高級ラウンジ ブルーライト ―



「ちょっと!」
20110511120702.jpg
「ちょっとってば!」



「んだよ…」
「飲み過ぎよ!」
20110511120725.jpg
「いいだろ?別に…。って言うかなんでついてくんだよ…」
「ゴルゴ…。辛いのは分かるけどさ…」



「ああ、やめてくれ。慰めはいらねー。俺なら大丈夫だ。こう見えても失恋のプロだからよ」
「失恋のプロ?」
20110511121839.jpg
「ああ、そうさ」
「プッ」



「なに笑ってんだよ…」
「そんな失恋のプロになんてなりたくないな~って思ってね(笑)」
20110511121939.jpg
「はは……だな…」



「あーあ、なんだかな~。まさかあの二人があんな関係とはね。全然知らなかった。
相手があの亮なら適う訳ねーよなー」
「なんで?」
20110511122020.jpg
「だってあの亮だぜ?イケメンでかっこいい、背も高い、金持ち。
おまけにスーパースターだぜ?全部揃ってんじゃん。適わねー適わねー」
「そう……かな…」



「そうに決まってんだろ。俺が無謀だったんだよ。って言うか気づけよ、俺!って感じだよな。
俺ってマヌケ~~」
「ふふ…バカね~」
20110511122132.jpg
「だろ?」
「違うわよ、そうじゃなくて…」



「あ?」
「そんなに悲観する事ないんじゃない?あんたにもいい人がそのうち現れるさ」
20110511122158.jpg
「だから慰めは…」
「それに……あんただって結構いい線言ってるかもよ?」



「あ、やっぱり?だよな!このみちゃんもバカだよな~。こんないい男を逃して。
俺なんかめっちゃ優しいし将来性はあるし、おまけにベットテクがうまい」
「ベット?」
20110511122236.jpg
「おうよ!俺に抱かれた女はクラクラもんのビリビリもんのヒ~ヒ~もんだぜ!」
「へえ~昇天しちゃうって事?」



「昇天もいいとこ昇天。三途の川、一歩手前まで行くな」
20110511122338.jpg
20110511122352.jpg
「ほんと~?」



「なに?疑ってるわけ?俺はな~こう見えてもスゲーんだよ!」
20110511122413.jpg
「何がスゲーのさ(笑)」



「知りたい?」
「たいして」
20110511122443.jpg
「いいから遠慮すんなって。ちょっと耳かせ」
「なによ…」
 


一方、お店にお金を払って戻って来た亮。
亮もこのみと同様、ゴルゴを傷つけた事に心を痛めたが、
さっき彼女に言ったように、もう二度と後悔はしたくない。



そして、彼の頭の中に、彼女との将来の人生設計図が芽生え始めていた。
そうとなったらグダグダとやるつもりは一切無い。一直線に進むのみ…だ!
20110511122727.jpg
「さ、帰ろう。真っ直ぐ帰る?…それとも……俺の家へ行く?」
と、微妙なニュアンスを含めた亮。



「あの…」
「どっち?」
20110511122923.jpg
(ゴクリ…)



「あの…こ、今夜は…今夜は…帰ります…」
20110511122942.jpg
「も、もう遅いし…それに眠くなっちゃって…」
「分かった。送っていくよ」



「行こう」
20110511123008.jpg
「はい…」



(バカ!ほんとうは帰りたくないくせにっ!私ってどうしてこう素直じゃないんだろ…)
20110511123041.jpg
(でもすんなり帰る亮さんも亮さんだわ!
もうちょっと強引に誘ってくれればいいのに!そしたら私だって…)



と、その時亮がクルリと振り向いた。



「やっぱ無理。キスしたい」
「え…」
20110511123108.jpg
「君とキスしたい。ダメ?」
「ダ、ダメって…」



「キスしたい…」
20110511123134.jpg
「ずっと君とキスがしたかった…」



「君とキスしたい。いま、すぐに」
20110511123500.jpg
20110511123522.jpg
「亮さん…」



「私、変なんです…」
「変?」
20110511123703.jpg
「この間亮さんにキスをされた時から胸が熱くて…。胸って言うか体がって言うか…」
「体が熱い?」



「あ、熱いって言うかなんて言うか…。こんなのおかしいですよね…。
へ、変態なのかな…。なんか変な事ばかり…」
20110511123735.jpg
「変なって………どんな?」と、ニヤリ
「あっ!そ、そうじゃなくて…そう言うんじゃなくて…(私のバカッ!)」



「君って……」
「え…」
20110511123902.jpg
「俺を虜にさせるのがうまいね?」
「え…とり…?」



「最高に上手い…」
「あ……」
20110511124006.jpg
「まるで小さな子悪魔だな…」



「亮さ…」
「どこにそんな素質を隠し持ってたわけ?……ん?」
20110511124508.jpg
「あ…」



「そんな声だすなよ…」
「や…声な……ん…」
20110511124128.jpg
「もっと続きがしたくなるだろ…? 俺はそんな君にメロメロだ…」
「亮…さ…ん…」



「今夜…やっぱり俺の家へ来ないか?」
「え…こん……」
20110511124323.jpg
「ああ…俺の家…」



「君を抱きたい…」
「だ、だけど……」
20110511124541.jpg
「まだ早い?」
「だ、だめ…。だってやっぱりまだ…」



「じゃいつ?」
「いつって…」
20110511124649.jpg
「来週?」
「でも…亮さん…」



「でもじゃない。来週、俺の家へ来なさい」
「…来週…ですか?」
20110511124829.jpg
「ああ…。待ってるから」
「…か、考えておきます」



「じらし作戦?」
「ち、違いますよ…」
20110511124909.jpg
「あんまりじらすと俺の方から君の家へ行って押し倒すよ?」
「亮さんってそんなキャラでしたっけ?(笑)…意外とエッチ…」



「あれ?エッチは男は嫌い?」
20110511125035.jpg
「実はこう見えて、俺ってすごーくエッチなんだけどな~」
「プッ!…なんかイメージが違いますね(笑)」



「こんな事、誰にでも言うわけじゃないぜ?君にだけだ。
俺は……今まで他の女性の体は抱いても心まで抱いた事は一度もない」
20110511125151.jpg
「だけど……今度は違う…」



「君の心が欲しい。心も体も…すべて欲しい。だから…俺にくれ」
「亮さん…」
20110511125226.jpg
「それに…君には妙にエッチな気分になる」
「なんですか、それ(笑)」



「だからこれからは覚悟しなさいって事。君はそんなスケベな男を恋人に持ったんだからな」
クスクスクス…
20110511125534.jpg
「送っていくよ。帰ろう」
「はい…」



(私にエッチな気分になる?どうしよう…つい『私も』って言いそうになっちゃった…。
だけどやっぱりまだ早いと思うし…)
20110511125839.jpg
(ううん…そうじゃない…そうじゃなくて…)



(だって…だって私はバージンじゃないんだもの…。
亮さんは私をバージンだと思ってる?だけど…私は隆君にバージンをあげてしまった…)
20110511130029.jpg
(それに、隆君と抱き合った時は全然熱くなれなかった…。その行為に不快感さえ感じた程だ。
もしかしたら私は不感症なのかも知れない…。困ったな…)



(大人の亮さんの前で、どんな風にすればいいの?
セクシーでもなく、経験不足の私に彼は満足出来る?)
20110511130204.jpg
(こんな私でも、抱いてくれますか?)



― 高級ラウンジ ブルーライト ―



「キャーハハハ!嘘くさーい!」
「バカっ!嘘なもんか!マジだって!」
20110512125200.jpg
「ほんと~~?(笑)」
「ほんとだって!10人中、10人は白目むいて気絶するね!」



「そんな事言うんなら私だって凄いのよ?」
「なにがだよ?」
20110512125335.jpg
「なにがって『なに』がよ。
あんたが三途の川なら私は天国ってとこね。30人中、30人は失神するわ!」
「はあ?それこそ嘘くせー」



「ちょっと!体験した事もないくせに勝手な事言わないでよ!」
20110512125403.jpg
「当ったりめーだろ?お前と体験してたらヤベーっつーのっ」



「なんかムカつくのよね。だいたいあんただって嘘くさいのよ。
ほんとは三途の川どころか、明日の夕飯の事でも考えられてたんじゃないのぉ~?」
「はい?」
20110512125515.jpg
「明日の晩御飯のメニューとかの事よ。あまりにも退屈でね」
「なんだそれ?」



「あのね~女はヘッタクソな男に捕まるとそういう事を考えるもんよ。後は演技ね。
あんたに抱かれた女も演技してただけって事!」
20110512125911.jpg
「あの気絶が演技なわけねーだろ!」
「いいえ、演技よ、え・ん・ぎ。ヘタクソなあんたに気を使ったに決まってるじゃない」



「あ、マジムカつく!俺のこの黄金の指を見てみろよ!スゲー繊細そうだろ?」
「指?ゲ~!やらしい!」
20110512125755.jpg
「なにがやらしいだよ!この指と口使いで三途の川まで一直線よ。あー俺って罪な男」
「だから嘘言うなっつーの!ほら吹き男ね!」



「むっ。言ったな…このアマー…。そっちこそ嘘くせーんだよっ。
おめーこそ気を使われてただけなんじゃねーの~?」
20110512130527.jpg
「あんたこそ言ったわね!」
「あー言ったさ」



「言っとくけど今日の俺は普通じゃねんだぜ?」
「へえ~。どんなんな訳?」
20110512131608.jpg
「燃えてるんだよ…。もうメラメラ状態」
「失恋で?それとも……嘘を息巻いたから?」



「一生言ってろよ…」
「あんたこそ大げさに言うのやめなさいよ。これでも私、男性経験だけは豊富なのよ」
20110512130700.jpg
「俺だってそこそこ豊富だ」
「どうだか…」



「よーし……こうなったら…」
20110512130722.jpg
「いいわよ…こうなったら…」



「証明してやる!」
20110512130820.jpg
20110512130819.jpg
「こっちこそ!」



と、酒の勢いに乗り、変なことになったゴルゴとローリー。
さてさて……この後は?



―ゴルゴの家―



「やい、ローリー!おめーさっき言った事は本当だろうな?訂正するんなら今しかねーぜ!」
20110512130845.jpg
「誰が訂正なんてするもんですか!ええ、本当よ!天国の入り口へようこそ、ゴ・ル・ゴちゃん♪」



「ほ~ずいぶん大きく出たじゃねーか…。
おめーこそ この世に帰って来れなくなっても知らねーぜ。今から拝んでおけよ」
20110512142509.jpg
「ほほほ……本当に三途の川に連れてってくれるのならの話ね。
あんたこそ、天国から戻って来れなくても知らないわよ。覚悟するのね」



「じゃ脱げよ…」
20110512130932.jpg
「あんたこそ脱ぎなさいよ…」



「脱がぬなら…脱がせてやろうか?あ~ん?ホトトギス」
20110512130954.jpg
20110512130953.jpg
「脱がせたいなら…正直に脱がせたいって言いなさいよ、ボケ~!ホトトギス」



「口の減らねー…。よーし…同時に脱ぐぞ、いいか?」
20110512130932.jpg
「ええ、いいわ」



そして二人は同時に洋服を脱ぎ、天井高く放り投げた。



「ヒュ~♪意外といい体してんじゃん…」
20110512131729.jpg
「あんたこそ…意外といい体してんじゃん…」



そう言い終えると、食い入るように瞳を見つめ合った二人。
20110512131806.jpg
二人の息使いだけが部屋中にこだましている。



野獣と野獣。
今の二人はまさにそんな感じだ。
20110512131828.jpg
これから挑む原始的な男女の行為に血が逆流する。



「…用意はいいか?」
20110512131915.jpg
「…ええ…いいわ」



ローリーがその言葉を言い終えるが早いか、一気にゴルゴが飛びかかった!



ドサッ
20110512131938.jpg
ローリーを組みしき、ベットへ降り重なる野獣、ゴルゴ。
その体を受け止める悩ましき野獣、ローリー。



「後悔しても知らねーぜ!」
「あんたこそ……私にひざまづいても知らないわよ!」
20110512132009.jpg
「よーし…お手並み拝見と行こうじゃねーか…」
「望むところよ!」



「その前に……俺が先だ!」
と、ゴルゴは荒々しく唇を重ねた。
20110512132055.jpg
「…ん…」



「あ……ん……あっ…そこは…」
「…んだよ…もう感じちゃった?…」
20110512132555.jpg
「だってそこ弱いから…あ…」
「感度抜群…」



「もっと感じさせてやる…」
20110512132247.jpg
「は…あっ……」



「ロ…ローリー……ブラ…ブラジャーはずれねー…」
「なによ…黄金の指なんじゃないの?すんなり外しなさいよ…」
20110512132442.jpg
「バカっ今は酒で手がラリってんだよっ!   あ…外れた…」
「あんたこそちょっと協力しなさいよ…。パンツが下がんないじゃないっ」



「バッ…無理くり下げんなよっ!」
「だって下がんないのよ!」
20110512132506.jpg
「イテ…イテ…イテテテテテ…、引っかかってる、引っかかってる!
バカヤロ~引っかかってるっつーの!」←何が?(笑)
「あんたが興奮し過ぎるから下がんないのよ!一旦、小さくしてよ!」



「出来るか!んなもん!俺はな~興奮しなくてもビックなんだよ!
って言うかクイってちょっと前に出せよ!」←だから何を?(笑)
「前に……下がった…。   ワオ~!……ほんと…ビック…」
20110512132143.jpg
「だろ?」
「でもテクがね~」



「ほんと……かわいくねー女だな…。って言うか少し黙れっ」
20110512132628.jpg
「あ……」



「本番はこれからだ…」
「…ゴルゴ…」
20110512132653.jpg
「お前の胸………すげー俺好み…」
「あ…」



「声も最高にいい……」
「や、やめてよ…」
20110512132717.jpg
「三途の川まですぐに連れてってやる…」
「…ん…わた…私こそ天国まで…すぐに……あ……」



と、二人は三途の川&天国まで一直線に昇りつめる事になる。
20110512132754.jpg
そしてその戦いは、一回戦では終わらなかった(爆笑)



二人は天国と三途の川を行ったり来たりとし、
夜が明けるまで向こうの世界へどっぶりと浸かった。
20110512132826.jpg
20110512132912.jpg
彼らはいったいいつ人間に戻るのだろうか?



そして二人は体力の限界に達し、ようやく眠りについた…。
20110512132953.jpg
もちろん……とても満足そうな顔をして。



― 翌朝 ー



「ZZZZ…」
20110512133029.jpg
「う…ん…」



「……眩しい…」
20110512133055.jpg
「頭が……イタ…イタタタタ…」



「うわっ酒くさっ…最悪だわ……。って言うかここってどこだっけ?」
20110512133149.jpg
「あれ?私昨日…えーと…確かラウンジで飲んで…一緒にいたのは…ゴ…ルゴ…?」



「はっ…!」
20110512133255.jpg
(やば……私昨日……やっちゃった…?…。うわ…マズイ…)



(信じらんない…。こいつとやっちゃうなんて…)
20110512133347.jpg
(どうしよう…)



と、その時、ゴルゴが何やらつぶやいた。



「ムニャ…」
20110512134416.jpg
「こ・の・み・ちゃん…」と。



「………」
20110512134439.jpg
(なんか………あったまくるっ)



そしてローリーはすばやく洋服に着替え、置手紙を一つ……残して出て行った。
20110512134524.jpg
この…



ふにゃ○○ヤロ~~~!!!!



と(笑)



「ふんっ」
20110512134558.jpg
(バーカ)



― 30分後 ―



「…いて…」
20110512134712.jpg
「頭が………」



「あーマジ飲み過ぎた…。あんなに飲んだのは久しぶりだぜ…」
20110512134645.jpg
「あれ…?俺ってどうやって帰って来たんだっけ?確かあの店で飲んで…んで……」



「はっ!」
20110512134803.jpg
「…ローリー…」



「って…いねーし…」
20110512134826.jpg
「やべ…思い出した…。
俺…昨日ローリーとやっちゃった?だよな…。マジかよ…。最悪…。どうすんべ?」



「ま…合意の上なんだ。犯したわけじゃあるめーしな…。
いい大人どうしが一発や二発(4発や5発)やったぐれーで気にする事ねーよな」
20110512135145.jpg
「そうだ、そうだ。どうって事ねーや」



そして、ゴルゴは一枚のメモを見つける。
20110512135251.jpg
それはもちろん、ローリーが残したラブレターだ!



「………」
20110512135751.jpg
「…ん……だと…?」



「ふにゃ○○ヤロ~~…だと?…ふざけやがって…」
20110512135536.jpg
(な~にがふにゃ○○だよ!
俺の息子はな~あんぐれーの酒ごときで役に立たねーようには教育してねー!)



(むしろ大ハッスルしたはずだ!
くっそ~ヒ~ヒ~言ってやがったくせして!ほんとにムカつく女だぜ!)
20110512135416.jpg
(でも待てよ…。夕べはかなり飲んだよな?…もしやあれは夢だったとか?
マジで役に立たなくて寝ちまったりなんかしちゃって?)



(そうなのか?)
20110512135714.jpg
(いやいや、そんなはずはねー。確かに俺はローリーを抱いた…。しかも何発も…。
そうだ…証拠があるはずだ!)



と、彼はブツブツと文句を言いながら証拠の元へと移動した。
20110512135815.jpg
そして…明らかな証拠を見つけた!



「ふ・ふ・ふ…。どうよ?どうみても一発じゃねーだろ?」
20110512135855.jpg
「この量は半端ねー」



「あのアマー…上等じゃねーか…」
20110512135947.jpg
20110512135946.jpg
と、彼は証拠のブツを握り締め、満足そうにニヤリと笑った。





続き、第17話(本館)へ 「あなたが好きだから…(前編)」 
二度目の恋…タイトル一覧は(本館) 「こちら」   
ストーリー別一覧は(本館)       「こちら」 
カテゴリ
最新記事
リンク
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。